スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

ブログパーツ

trackback


トラックバックURL

http://yukikazura.blog40.fc2.com/tb.php/122-6ca1ff01

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HDMI接続

DSC06915.jpg
HDMIケーブル届きました。
D-subケーブルでは滲んでいた画面が
一体どう変わるのか早速試してみました。

購入したのはこのケーブル。
HDMIは転送能力に沢山種類があるみたいでよく分からないですが、
縦の解像度が1080あるモニタなので、FullHD用のケーブルを買いました。
なんか3Dにも対応してるらしいですよ。

ノートパソコンと並べて使うので、1メートルあれば十分だと思っていたのですが、
実際に手にしてみるとあまり取り回しが良くないので(自由に曲げにくい)、
結構ギリギリの長さでした。
もし買うのならば少し長めを買っておくことをオススメします。

d-subとHDMI
D-sub(アナログ)接続とHDMI(デジタル)接続の違い
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、
接続の違いによる画面の様子をカメラで撮ってみました。
上がD-subで、下が今回買ったHDMIです。
上の方では滲んだような感じになっているのが、
下の画像ではすっきりとしています。
(ちなみに斜めに入る縞々は撮影によるモアレ干渉です。)
画像の中では微々たる変化かもしれませんが、
実際に使ってみると明らかに見やすさが違います。
滲まずにくっきりと見えるのでかなり綺麗で見やすいです。
やっぱり解像度の高いディスプレイはデジタルで接続しなくては駄目ですね。

display.jpg
ちなみにFullHD(1920×1080)だとこれくらいの解像度があります。
画面切り替えが少なくて快適です。

trackback


トラックバックURL

http://yukikazura.blog40.fc2.com/tb.php/122-6ca1ff01

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。