スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

ブログパーツ

trackback


トラックバックURL

http://yukikazura.blog40.fc2.com/tb.php/127-dab65d41

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

WindowsMobile(IS02)でスマートフォン用サイト閲覧

20110830110114.jpg
久しぶりにIS02ネタ投下。
WindowsMobileを搭載するIS02はスマートフォンでありながら、
各種Webサイトからは普通のパソコンとして認識されてしまい、
スマートフォン専用ページを利用できないという不遇を受けています。
Yahoo!Japanを実際に表示してみても上の通り。
時としてPC版でみた方が情報が多く便利でもあるのですが、
やはりスマートフォン用に最適化されている方が
使いやすいと感じる時の方が多いと思います。
そこで、今回はIS02でもスマートフォン向けページを
(不完全ながら)見れるようにする方法を紹介します。


パソコンやスマートフォンで携帯(いわゆるガラケー)向けページを
見ようとするとする場合だとIPアドレスだとかで弾かれて諦めざるを得ない
事が多いのですが、スマートフォン向けサイトはWifi経由での利用も考慮されている為、
IPアドレスによる閲覧制限とかは考えなくて良いのです。
つまり、どのブラウザを使っているかというユーザーエージェント(UA)
の情報だけをiPhoneやAndroidに偽装してやればWindowsMobileでも
スマートフォン向けサイトを簡単に見ることが出来るのです。

というわけで、UAを偽装する方法を手に入れる必要があります。
デフォルトのブラウザIEMobile6で偽装が出来れば話が早いのですが、
レジストリ等からでは弄れないようになっていて、偽装することが出来ません。
(Browser.dllを弄れば変更できる…らしい?)

そこで別のブラウザで偽装を行うことにします。
使いやすさに定評があるOperaMobile10で挑戦です。
 (インストールしていない方は
 http://jp.opera.com/mobile/download/versions/
 こちらから。IS02なら"Opera Mobile 10 Keypad"がオススメです。)

OperaMobileであれば設定ファイルを変更することで
簡単にUAを偽装することが出来ます。
更に幸いなことに、この書き換えを行ってくれるフリーソフトが存在します。
それがこのOperaUserAgentSwitcherです。
http://blog.livedoor.jp/mbk_yap/archives/1388854.html
これを使うと、好きなUAに簡単に切り替えることが出来ます。
ダウンロード後解凍し、OperaUserAgentSwitcher.exeを起動すれば
偽装できるUAの一覧が出てきます。
ここで
 Androidの"Xperia X10"や"Nexus One"、
 iPhoneの"iPhone 3G Safari"や"iOS 4.0"
を選択すれば準備完了です。
どれを選ぶかは好みです。
後からも変更できるので、自分の観たいサイトが一番正しく
表示されるものを探してみましょう。

20110830105458.jpg
で、Operaを起動してみると…この通り。
ちょっと横幅が合わなかったり、レイアウトが崩れたりもしますが
今まで見ることの出来なかったスマートフォン向けサイトを
見れるようになりました。

これでWindows Mobileも現役に…!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。