スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

ブログパーツ

trackback


トラックバックURL

http://yukikazura.blog40.fc2.com/tb.php/31-f3785c08

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

帰ってきたアレ。

成績 科目
前期の成績が返ってきました。
うちの大学は成績4段階(A+,A,B,C)及び
不合格3種(H,S,F)で評価されます。
で,その結果が…

A+:1
A :4
B :4
C :4
H :0
S :1
F :1
(合計15科目)

…うん,満遍なく酷い成績ですね。
いくらHTMLタグで装飾しようとも
駄目さ加減は隠せはしない。

やっぱり不合格があるとショックが大きいですね。
A+が1個しか取れなかったことやBやCが大量に
あることがどーでもよくなります。よくないけど。

*不合格の定義
なぜか不合格は3パターン存在します。
それらの意味はというと…
F:普通に酷い
S:凄く酷い
H:非常に酷い 
こんな感じですね。
単位剥奪という罰則に加えて,
いかに駄目だったかを罵られる訳です。
Hなんか取った日にはもう1ヶ月は立ち直れない事でしょう。
なんとかSどまりで良かった…。

冗談はさておき。
正しい解釈はというと
F:普通に不合格(来年もまた授業とってね。)
S:試験だけ不合格(来年もテスト受けてね。)
H:保留 (追試受けに来てね。) 
となります。多分。
で,今回食らったのが
F1つ,S一つ。
来年2つも再履です。
ただ,幸運?な事がいくつか。

S食らった方(統計的熱力学)は追試をしてくれるとの事。
それが明後日。
今猛勉強中です。
ノート見てもサッパリなので,
図書館で本を借りて独学で学習中。
来年のため意地でも単位取りたい…。

F食らった方(分子生物学)は切捨て。
来年どころか後期授業もバッサリ捨てます。
うちの学科は8つのコースから任意の2つ(以上)を
選ぶという独自の仕組みを持っています。
で,前期取っていたのは5つのコース分の授業。
まあ,どっちに転んでも大丈夫なような安全策ですね。
どちらにしろ今年中にはコースを3つ程に絞るつもりなので,
Fをとってもそのコースを丸ごと諦めれば無問題。
単位を落とす事によって逆に悩む必要も無く
進路の選択が出来るという訳です。HAHAHA…

*Biology teacher
こうして生物方面への学問の道を終えた訳ですが,
最後に生物の先生の共通点を。
・性格:優しい・いい人・面倒見がいい
・試験:易しめ・単語中心の問題・時々記述
・成績:鬼。
出会ってきた生物の先生はこんな素敵な
相似点を持った方々でした。

trackback


トラックバックURL

http://yukikazura.blog40.fc2.com/tb.php/31-f3785c08

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。