スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

ブログパーツ

trackback


トラックバックURL

http://yukikazura.blog40.fc2.com/tb.php/36-0fe69a0f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

α330 フォトレビュー

α330 一眼レフ
SONY製,エントリータイプのデジタル一眼レフ
”α330”のフォトレビューです。

α330 一眼レフ
*外観
α330はブラックとノーブルブラウンの
二色が発売されています。
今回レビューするのは後者。
金属のような光沢のある色が特徴的です。
とはいうものの,実際の素材はプラスチックです。
費用的な問題か重量的な問題か…。
パッと見では分かりませんが,
実際に持って使っていると少し安っぽい印象も感じます。
α330 一眼レフ
*レンズ
標準のキットレンズです。
本体の色にあわせた配色となっています。
焦点距離は18mm~55mm,
開放F値は3.5-5.6という明るさ。
特徴があまりないですがその分無難なレンズですね。
いろいろな場面で活用できそうです。
ちなみにダブルズームキットの付属レンズだと
55-200mmなので,無駄なく広い画角を使えます。
使い慣れてきたらそういった他のレンズにも手を出したいです。

α330 一眼レフ
*液晶
ライブビュー対応の液晶は可動式になっています。
左右には動きませんが,上下には結構動かせるので,
いろいろなスタイルでの撮影が可能となっています。
ドット数は23万。
コンパクトデジカメでは十分な画素数ですが,
液晶が大きめな,このカメラではちょっと粗いかな,と。
一画面に複数枚表示するとちょっと見づらいですね。

*ファインダー
視野率95%のファインダー搭載。
このカメラ,ライブビューでの視野率が90%なので,
ファインダー覗いて取った方が正確な構図になります。
アイセンサーもついているので,
ファインダーを覗くだけで液晶OFFになりAFが動き始めます。
(アイスタートAF)
これは使っていてかなり便利だと感じました。

*ライブビュー
ほかの一眼と違ってSONYのライブビューは
ライブ専用の受光素子を使っているようです。
なので,ピントの合うスピードが早いこと早いこと。
ファインダーの時と同じスピードで合焦します。
シャッター切る時もミラーを上げ下げする必要も無く
即座に反応できますから有難いです。
そのかわり視野率と画質が犠牲になっていますが。
視野率については先ほど書いたとおり。
画質についてはライブビュー用のセンサーが小さいため,
ライブ中はかなり画質が落ちます。
携帯のカメラで撮っている様な感じです。
少し暗いところだともうノイズだらけ。
まあ撮影される画像はちゃんと綺麗なものになるので,
撮影イメージ確認用と割り切れば問題ないかと。
α330 一眼レフ
*フラッシュ
使う時にガシャッと自動で飛び出てきます。
ギミックチックで面白いです。
しまう時は手動で戻します。
α330 一眼レフ
*端子・カード類
端子関係はこの側面に集約されています。
ここもカシャッと開くようになっていて面白いです。
パソコン通信用のUSB端子に加え,
テレビ出力用のHDMI端子がついています。
撮った写真が大画面で鑑賞できる訳ですね。
対応のテレビがないので試せませんが…。
メモリーカードはSD(SDHC)とメモステPRO DUO
に対応しています。
同時には使えないので,
ここのスイッチで切り替える事になります。
両方挿しておいて容量に応じて
スイッチを使い分けることも出来そうです。
α330 一眼レフ
*ストラップ
付属のショルダーストラップです。
”α”と”SONY”の文字が躍っています。
α330 一眼レフ
*充電器
左がこのカメラの充電器です。
比較のためR8の充電器を並べてみました。
やや大きめですが,それでもかさ張るという程
のサイズでは無いと思います。
コードとか使わず直に繋げるのも理想的です。
バッテリーは3~4時間の充電で,
500枚ほど取れるそうです。
(ライブビュー使用だと200枚ほど。)
インフォリチウム搭載なので,
電池が4段階で表示されたり,
途中で充電を切り上げたりしても平気です。

*操作性
なかなか使い勝手がいいです。
形状が特殊だったりして慣れるのに
若干時間がかかりますが,
すぐにファインダーから目を離さずに
設定を変更できるようになります。
強いて言うなら画像確認時の
拡大縮小がやりにくいという所でしょうか。
拡大ボタンを押してからカチカチとしたダイヤルを回す
というのがどうも勝手が悪いです。
もうすこし滑らかに動くなりして欲しいところ。
撮影の設定に関しては文句なしです。
シャッタースピードや絞りの状況を
画面で分かりやすく見れるので
一眼初心者でも扱いやすいです。
オートも洗練されているので,
面倒になったら全部機械任せにも出来ます。

*画質・手振れ補正 他
これについてはまた今度。
書けるかは分かりませんが。


*SONY α330 ボディ+オールインワンセット

trackback


トラックバックURL

http://yukikazura.blog40.fc2.com/tb.php/36-0fe69a0f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。